CRMで営業の人数不足を解決

営業の人数不足はどこの会社も抱えている問題です。それは解決することがない問題でもあります、増えれば増えるほど回る顧客はあるので、さらに足りなくなります。一人の担当数が減っても、一つの顧客にかける時間が長くなるだけで、十分ということはないでしょう。だから他の方法で解決する必要があります。

そこで活用したいのがCRMによる顧客管理です。顧客との接点を管理して、ニーズを満たし続ける努力をします。CRMでできることは顧客が何を求めているかの分析です。アンケートや苦情などの内容から、通常の見積もりから納品までの接点をデータとして、分析を行います。

何が顧客と企業を結びつけているかが分かれば、そこを伸ばしていくことを最優先に考えます。また、同じようなニーズを持つ顧客を見つけることもできます。このように効率よく営業できるように行動に根拠を見つけ出します。闇雲に無制限に行う営業は、非効率でこれからの時代にはあっていません。

CRMの導入により、適正な営業数がわかるようにます。計画も立てやすくなり、無駄を減らすことができます。その上で人材不足があるかを検討するといいでしょう。基本的に販売分野を追加するか、地域を増やす以外は増員の必要はないはずです。

これで人材の不足を解決することができます。最も大きな問題は足りないと言っている根拠をしっかりと検証していないことです。忙しいし、売り上げが上がらないのは人が足りないからという考えは改めなければいけません。CRMのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です