社内を活性化させるSFAとは

商談を効率よく成功させ高い利益を上げるためには、営業がその活動で案件を獲得するだけでは十分な効果を上げることができるとは言えません。商談を成立させ案件を獲得しても、社内で様々な関係部署の連携がスムーズに行われず納期に遅延をきたしたり、また品質が充分でないものの場合には様々な問題を生じることになります。そのため社内のすべての工程が案件を獲得してから実際に顧客に商品やサービスを納入するまで、一環した管理が行われることが重要となっています。車内を活性化させるSFAとは、営業活動の様々な活性化を行う基本的なSFAの機能に加えて、これらの社内の様々な活動を連携させ効率的に進めることができる機能を持っているものを指します。

これは一般的なシステムだけでは構築することが非常に難しいため、様々な社内独自のシステムを効率的に連携させ、その情報をSFAで管理することができるものが理想となっています。SFAとは一般的に営業活動を支援するものと捉えられている傾向がありますが、これだけでは様々な案件を成功に導く事はできません。案件の成功とは総合的に社内のすべてのリソースを駆使し、最終的に良い商品やサービスを顧客に約束通り納入することが最終的な成功と言えるものです。企業が効率的に活動をすることができるためのSFAとは、このような多くの部署を効果的に連携し、これを案件の成功に向けて位置づけることができるシステムと言うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です