CRMとは顧客の動向や関わり方などまで管理する方法

最近盛んになってきたものに、インターネット通販があります。インターネット通販を利用する際には、あらかじめその通販ショップの会員になることが必要です。そのような際に行うのが会員登録ということになるわけですが、この会員登録の際にいくつかの事項について記入が求められます。まず基本的な事として、氏名や住所や年齢などの個人情報の記入が必要となってきます。

この部分だけであれば、通常の個人の属性の記録ということになりますが、多くのインターネットショップの会員登録の際にはこのようなことに加えて、自分がどのような物が好きかということやこれまでどのような買ったかなどというような付帯的な事項のアンケートにことが求められます。実はこのようなアンケートが、現在のインターネットショップの経営の基本的な方法であるCRMということになります。CRMとは、従来様々なサイトで行われていた行われていた属性に加え会員の好みや購買記録なども含めて記録を行い、これらの情報をもとに的な顧客管理を行うことです。言い換えれば、CRMとは従来の顧客情報に加え会員がどのような動向をするかということまで含めて営業に利用しようというものです。

このような顧客管理の方法を利用することにより、例えばあるものをインターネットショップで購入した際には、それに類似したものの紹介を会員個別に行うなどというようなサービスが可能になります。そのようなことによりより効果的な営業活動ができるようになってくるわけです。似たような言葉にSFというものがありますが、これはCRMとは同じ領域の言葉にはなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です