審美歯科についての基礎知識

審美歯科とは、虫歯や歯周病などをより美観を意識して治療する医術のことです。


一般の虫歯治療などでは、樹脂や銀などのいわゆる「被せ物」を削った歯に埋めることで処置します。

これらは保健が適用され、処置としての効果も充分なので昔から多くの歯科診療所で行なわれてきました。



ただしこれらの治療法には、見た目が美しくないことや、処置後時間と共に「被せ物」の性質が劣化していってしまうなどの欠点もありました。


審美歯科は、治療だけでなく、見た目も自然な仕上がりになることも目指した治療法です。



例えば、虫歯治療の際、樹脂や銀などの代わりにオールセラミックの素材を使用したりすることがその一つです。

セラミックは陶器なので経年劣化しにくく、また歯の自然な色とも馴染みやすいといったメリットがあります。

また、現在歯が健康な方でも、ホワイトニング治療で歯の黄ばみや汚れを除去したり、歯並びの乱れを整えて綺麗にしたり、歯磨きでは落としにくい歯石や歯垢を除去したりする処置も、審美歯科に含まれます。

つまり機能回復はもちろん、歯をできるだけ美しく見せたいと思い行なう治療法が、審美歯科です。


審美歯科は、多くの場合保険適用がされないので、高額になることもあります。



その代わりに治療痕が目立たず、性質の劣化も少ない物質で処置されるために黄ばみや口臭なども防ぐことができます。
また、差し歯などしばらく時間が経つと専門医のケアが必要になる処置でも、継続して使用できるため耐久性も充分です。



Copyright (C) 2015 審美歯科についての基礎知識 All Rights Reserved.