営業支援ツールとして普及するSFA

SFAはセールス・フォース・オートメーションの略称で、営業支援ツールとして知られています。近年では営業活動を行う企業の多くに取り入れられており、営業部門の負担を減らしながら業務の効率化に活用されています。SFAには多種多様な機能が搭載されており、幅広い業務の効率アップに役立つツールです。似たようなツールとしてはCRMなどが存在しますが、SFAはよりいっそう営業活動にフォーカスを絞り、行動管理や案件管理といったタスク系はもちろんのこと、商談の結果報告やチーム連絡などの機能も備えています。

SFAの魅力の一つとして、営業活動の可視化を挙げることができるでしょう。社内を離れて取引先を訪問し、交渉やアピール、セールスなどを行う営業活動は他者にとって内容や結果が見えにくく、専門性や特殊性も高い業務です。取引先と交渉を行うことから担当者が1人から数人程度となる例も多く、担当社員だけが取引先の感触や内容を知っているということもよくあります。SFAは営業活動全体をデータ化することにより、誰が何をしているのか、どのような結果が生まれたのかといった細部の可視化が可能です。

あまり動いていないように見えていた社員が実は優秀な結果を残していたり、あるいはその逆であったことが判明する事例も存在するでしょう。蓄積されたデータは社員の評価を行う際にも活用できる他、部門や企業全体で取引先のデータを利用できるなどのメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です