社内環境を考えてSFAを導入しよう

SFAで利用されている機能は、社員の行動管理や商談管理、案件管理などが中心とした営業業務に関わるものです。SFAはセールス・フォース・オートメーションの名称通り営業活動を自動化し、データとして蓄積できるツールとして、多数の企業に普及しています。営業活動は企業にとって欠かせない業務の一つであり、顧客を獲得しながら活発に活動を続けていくことでさらなる成長と飛躍を目指すことができます。一方で営業は担当社員の負担が大きく、取引先との関係を構築しなければいけないなどの理由から専門性が高い仕事です。

SFAを活用すればこれまで営業担当社員が独自に行なってきた業務をプロセスとして把握し、データ化のよる共有を行うことも可能になるでしょう。取引先の情報や案件の進捗などが部門全体に共有されることで担当社員の負担を減らし、誰でも対応できるように自動化することができるようになります。SFAは営業活動を強力にサポートする便利なツールですが、導入を検討している場合は自社の環境を考慮し、社員ができるだけ使いやすく、馴染みやすいものを選択すると良いでしょう。ITリテラシーやコンピューターへの習熟度は人それぞれ異なり、年齢や個人の資質によってはせっかく導入されてもなかなか馴染めないということも有り得ます。

使いこなせば便利なSFAを上手に導入するためには、インターフェースやサポートが充実したものを選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です