CRMに搭載されている顧客にまつわる機能

CRMのメインの機能と言っても過言ではないのが、顧客情報管理機能です。氏名・連絡先やメールアドレスといった基本情報だけでなく、購買履歴やキャンペーンの応募・クーポンの取得歴など実にさまざまなデータを管理できます。細かいデータであるほど、顧客の理解や戦略に大きく役立つことでしょう。こういった詳細な顧客情報は、取得できる場所・ツールも多種多様です。

セミナー会場や実店舗のようなオフラインの状況から、ECサイトなどオンラインの状況まで多彩なシーンの中から得られる傾向にあります。中には別のシステムを稼動させていて、その中で取得するケースも少なくありません。CRMツールの顧客管理機能の優れている点は、他のシステムと連携することで一元的に管理できるところです。営業支援ツールやクラウド型サービスにて入力したデータが、そのままCRMに反映されます。

情報によっては部門の壁を超えて共有できるため、多くの業務の効率化や省力が図れるという訳です。管理機能で集積したデータを基に、顧客分析を行うことも可能です。顧客単価を高めるために実施しなければならない、マーケティング活動・カスタマーサポートの方針に大きく貢献してくれます。購買履歴が蓄積されるごとに、個人の趣向や行動の傾向が分析できるようになります。

これらのデータを基にマーケティングはもとより、経営戦略を立てることも不可能ではありません。膨大なデータを自動的に処理して、見やすい表やグラフとして表示させることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です