現場にCRMを投入することで得られるメリット

CRMを導入することによって享受できるメリットの1つに、スムーズな情報共有が挙げられます。営業担当者が持っている情報や体験・ノウハウを、逐一ネットワークに共有することができます。これにより同じ部署の間はもちろん、他の部署とも共有が容易になるという仕組みです。フォーマットにそって情報を入力するだけで報告書が作成でき、別のソフトともすぐに反映されます。

メールや電話など、上司や同僚への共有の手間・時間が大幅に削減できる点も見逃せません。ただ単に成約できたという報告だけではなく、受注が確定した顧客の業種や業態に加えて効果があったとおぼしきアプローチを共有すれば他のメンバーの参考になります。各自のデータを収集・蓄積することで、成約率が上昇するタイミングやその業種・エリアの特定に役立つといった事例も少なくないです。長くCRMを運用することで、顧客情報が蓄積されていく点もメリットです。

顧客の基本情報だけでなくその個性やリアクション、興味を示した事象など細かいデータ登録に向くのがCRMとなります。そのデータ群からさらに顧客が今考えていることや求めているサービス、自社の製品への関心度などシステムから得られるものに枚挙に暇がありません。これらのステータス・情報に基づいた戦略を立てることで、多くの顧客に対して最適なタイミングで最高のアプローチを可能とすることでしょう。行動履歴によって分析・計画の精度が高まる点も、CRMの導入の利点の1つです。

営業担当者のプロセス・アプローチを集積して、その内容を基にPDCAサイクルを効率良く回していくことも可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です