コピー機はリースにすると効率アップが図れる

昔のコピー機であればウォームアップなどの時間がかかり起動させるまでに従業員が何もできないといった問題が生じていましたが、現在のコピー機ではそういった問題も解消できるようになってきています。

人が近くに来ていることをコピー機が検知して、勝手にウォームアップを開始してくれるような機能が備わっているものなどもあるのです。もちろん今までの通りFAXやスキャナ、そしてプリンターなどとしても活用することができるという点ももちろんメリットですし、さらにはクラウドなどと連携することによって遠隔地から画像データPDF文書のデータなどを送って、文章作成することもできるようになってきています。

そのぶん導入コストはかかってしまうわけですが、コピー機のレンタルやリースなどを上手に活用することによって、ほとんど導入コストがかからずに使用することができるようになってきています。一見するとどちらも「貸し出し」という点で、全く同じサービスのようにも見えますが、その借りる期間の長さによって呼び方が変わっているというのが、この業界の一般的な約束です。

3年や5年なるといって長期的に貸し出しを行うがリースと呼びますが、契約満了時にまた新しく進化していたような時にそちらに乗り換えることも可能になります。そうすることによってオフィスのコピー機を常に最新式の状態にし続けることができるようになります。月々の負担も長い契約をすればするほど、軽くなっていきますので、極力長期的なリースを選ぶようにするのがお勧めということがいえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *