コピー機をレンタルやリースで導入するメリットとは

21世紀に入りパソコンなどが多くの便利なものが販売されるようになってきていますが、複合機もそれは例外ではありません。

FAXスキャナとして利用できるのものばかりか、クラウドやスマホなどと連携することによって、遠隔地から文書などを作成することができるようになっていたり、コピー機によって画像データをすぐ紙の文章にすることなども可能に行ってきています。すなわちそういった最新式のコピー機を導入することによって、経費の削減や人件費の削減などが見込まれるわけですが、導入の際のコストなどが問題になってきてしまいます。

そこで複合機のレンタルやリースを上手に活用することによって、導入コストをほとんどかけずに電話することができるようになっています。基本的に貸し出す期間が長いか短いかで、レンタルやリースなどの呼び方が変わります。すなわち短い期間の方をレンタルで、長い期間の方をリースと呼ぶようになってきています。両者はメリット・デメリットがそれぞれ異なります。

月々の負担などが短い期間の方が高くなりがちであること、長ければ長いほど月々のレンタル料が安くなるということをされておきましょう。しかしながら期間が長ければ長いほど最初の契約の際に審査などがあり、売上や業績などをチェックするという形になりますので注意が必要ですものの、レンタルの方であればほとんど審査がなく、すぐにコピー機が届けられて使用することができるということが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *