コピー機をリースで導入すると、保険が不要

従業員を雇わない会社やスタッフが少ない会社、文書を作成することがほとんどない事業所などにとって、コピー機はそれほど重要ではないかもしれません。

ましてやたくさんの機能を持ち、サイズも大きな複合機を導入するメリットはほとんどないでしょう。家電量販店やインターネットショップで販売しているレーザープリンタや、小さめの複合機で十分に間に合います。しかし、スタッフが多い会社や店舗、文書を作成することが頻繁にある事業所ともなると話は違ってきます。コピー機を購入するなり、リースやレンタルするなりで調達しなければなりません。

多くの企業が導入しているコピー機のリースには、多くのメリットがあります。費用を月払いに分割できること、経理の手続きが極めて簡単になること、概ね5年ごとに最新の機種に変更できることなどがあります。さらに、意外と見落としてしまいがちな大きなメリットとして、保険がパッケージ化されている点が挙げられます。コピー機を購入すると、保険は自分で入らなければなりません。

一方、リースには予め動産総合保険が付保されています。つまり、自然災害などの影響によってコピー機が破損してしまった場合、この保険を利用することが可能です。近年の日本では、地震や大雨などの自然災害が増加傾向にあります。リースで導入すれば、こうした自然災害のリスクへの備えもしっかりと対応してもらうことができます。ただし、動産総合保険の補償の対象になる範囲は、リース会社によって異なります。契約する際には、この点についても詳細を確認すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *