コピー機のリースとレンタルそれぞれの特徴

今は複合機の機能が大変上がってきており、キャノンやリコー富士ゼロックスそれからシャープなどといった各メーカーが大変多くの機能を備えた複合機を、生産販売している実情になってきています。

そのような機能が充実していればいるほど、生産性アップが図られるため会社の売り上げなども向上することがまず間違いなくなってきているわけですが、問題になるのはその導入の際のコストです。1台あたりの価格も高くなってきているため、まとまった資金などが必要になります。そのような時には、リースやレンタルなどといった形でコピー機を利用するのがおすすめです。

一見するとレンタルもサービスも同じサービスであるかのように見えますが、貸し出す期間によって使い分けられているのが、この業界では一般的で、長めの契約の場合はリース、そして短めの契約の場合レンタルなどといった形で呼ぶようになっています。イベントを開催したり、シンポジウムなどを開催するような時だと一時的にだけ大量のコピーが必要になるようなこともあるかと思いますが、そのような時にはリースではなくレンタルサービスでコピー機を活用するほうがおすすめと言えるでしょう。

短い期間の貸出のあれば、そのぶん貸出料などが高くなりがちであることには、注意しなければいけません。とはいえその分契約も簡単に済ませることができますので、それらことを注意することによって、最新式のコピー機が手軽に導入することができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *