コピー機リースがおすすめな人とは

現在コピー機の進歩はめざましいものがあり、オフィスの効率化アップに欠かせないものとなってきています。

操作画面のタッチパネルなども大変大型化してきたことによって、機械があまり得意ではないような従業員やアルバイトの人でもすぐに直感的に使用することができるようになり、教育のコストがほとんどかからないようになっているものや、FAXやスキャナとしても併用できるものそしてコピーの印刷速度が大変早いものなど様々です。賢く導入することによって大幅な経費削減や人件費削減が見込まれるわけですが、導入のコストなどがかかってしまうといった点が問題となっています。

そこでオススメしたいのが、リース・レンタルを活用するということです。基本的に3年という期間を基準として、それよりも短いものをレンタル、長い貸し出しをリースというの呼ぶのが一般的です。長期的な貸出であるリースの方は毎月の支払いがきちんと行えるかと言ったことをチェックするための、審査があることに注意しておきましょう。

業績や売上などを提示して、特に毎月の支払いが問題ないということをしっかりと伝えることが大切です。その審査さえ終わればすぐにでもコピー機がオフィスに届けられ使用していくことができるようになります。また長期的なコピー機の貸出であるほうが月々の支払いなどが安くなる傾向があります。日常的に使うのであれば、レンタルよりもリースがお勧めということが言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *