コピー機の貸し出しにはリースとレンタルがある

コピー機を選ぶ際は、最新機種の特徴や機能をしっかりと理解しておかなければいけなくなってきますが、その機能が大変複雑で多様になってきていることはご存知でしょうか。

ファックスやスキャナーとしても使えるようになってきているのはもちろん、複写のスピードや制度なども大変高くなってきており、オフィスにはもはや欠かせないほどのものとなってきています。大変便利になってきておりえ人件費を削るなどといったこともできるようにはなってきていますが、最初の導入コストが上がってきてしまっているという問題があります。

そのような方達にお勧めしたいのが、そのコピー機のレンタルやリースなどといったサービスを利用することです。そうしたコピー機貸し出しサービスを活用する上では、レンタルとリースという言葉の違いをしっかりと把握しておくことがとても大切になってきます。基本的に3年を基準として、3年未満の貸し出しを行うものをレンタルサービスと呼びます。

それよりも長い期間の貸し出しを行うのが、リースサービスです。貸出の期間は長い方が毎月の支払いなどが安くなる傾向があります。しかしそのぶん契約が審査などを通過した上で行われるということや中途解約などをしなければいけなくなった時に、その違約金などが発生してしまうということはよく注意して、どちらのサービスが最適であるかというのを会社の状況と見比べて選べるようになっておくことが肝心だということが言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *