リースをしてコピー機を導入するメリット

コピー機を導入する際には2つの方法があります。

1つが購入する方法、もう1つが借りるという方法です。どちらでも導入は出来るのですが、購入の場合は多くの出費が出てしまうので、なかなか手を出す事が出来ない状況の人もいるでしょう。ですが、借りる方法をとる場合は、機種によっては毎月1万円以下で導入する事も可能になります。かなり安く導入が出来るので、多額のお金がすぐには出せない人におすすめです。借りるサービスにはリースがあります。

これのメリットは、まず税金対策になるという点です。このような場合は、所有権がリース企業の方にありますので、コピー機が自分の資産にはなりません。このような理由により、様々なお金の計算や手続きが必要なくなります。減価償却費の計算はいらなくなるのです。また、リース代を全て経費として扱えるのもメリットの1つです。借りて導入するのは、このようなメリットが発生するというわけです。

しかし、リースでコピー機を借りる際には注意点があります。少し調べてみると、結構書かれている事が多いのですが、途中解約が出来ません。しかも5年間ほどの契約が基本なので、長期的に毎月払い続ける事になるのです。この為、5年間の契約なのに2年ほどで使わなくなったとしても、残りの3年間は払い続けなければいけなくなります。これが注意しなければいけない点になっているのです。逆に言えば5年間しっかりと使い続ける事が分かっているのでしたら、問題にはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *