インプラントの構造とメンテナンスの大切さ

インプラントは、骨に埋まるフィクスチャーと呼ばれる歯根部分と上部構造の人工歯、その間の支台部のアバットメントの三つで構成されております。

歯根部のフィクチャーは、直接歯槽骨の中に埋められる部分です。
フィクチャーには、極めて生態親和性の高いチタンやチタン合金が使われております。


チタンは人体に異物として認識されず、新しい骨がチタンの周囲にとりついて、表面の細かい部分にも骨が入り込み、インプラントが取り込まれる状態になるため、骨と結合して一体化します。
さらに、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けることができます。

アバットメントは、フィクチャーの上に取り付けられる部分で、上部構造を支える役割があります。通常はチタン、審美性に優れたものセラミック製のものなどがあります。


上部構造は、金属のものや、ジルコニアのものなど様々なものがあります。

All About情報の失敗しない選び方を紹介します。

噛合せに不具合があると、周りの歯に余計な負担がかかったりして、痛みが出たり、歯が欠けたりする原因となったり、場合によっては、頭痛や肩こりなどの症状に見舞われる可能性があるため、技工士が調整します。

渋谷のインプラントをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

最後にインプラントを長持ちさせるためには、普段からのメンテナンスが大切です。

メンテナンスを怠ると、インプラント歯周病にかかり、骨を溶かしてしまい、最終的には抜け落ちてしまいます。

そうならないためにも説明を聞いて定期的な通院によるメンテナンスや、普段のブラッシングなどとても大切です。





Copyright (C) 2015 インプラントの構造とメンテナンスの大切さ All Rights Reserved.